みんなの肌潤糖を赤ちゃんに使う際の使い方

みんなの肌潤糖は肌に潤いを与えて肌荒れやアトピーを良くするためのスキンケア用品として多くの人が愛用しています。

 

口コミを書いた人の中には自身ではなく自分のお子さんに使って効果を実感された人もいました。

 

みんなの肌潤糖は大人だけでなくお子さんや生まれたばかりの赤ちゃんにも使えるくらい日の肌に優しい成分でできています。

 

ただし、赤ちゃんに使う際には使い方に気をつけましょう。

 

赤ちゃんは大人と違ってまだ免疫などがしっかりできていないため、大人と同じ用品を使うと肌がかぶれたりする危険性があります。

 

そこで、みんなの肌潤糖を赤ちゃんに使う際の使い方を赤ちゃんに使える理由も併せて紹介していきます。

 

赤ちゃんの肌が荒れる原因

先述しましたが赤ちゃんの肌は大人よりも弱いため、肌荒れにやりやすい傾向があります。

 

しかも産後の経過時期によっても肌荒れの原因が異なるため、成長に合わせて対策をしないといけません。

 

例えば生後3ヶ月くらいの赤ちゃんは皮脂の分泌が多い傾向があります。

 

これは、体内でお母さんからもらっていたホルモンバランスの変化が原因で、この時期の赤ちゃんは乳児脂漏性湿疹やニキビ(新生児にニキビ)などになりやすいです。

 

乳児脂漏性湿疹とは

 

乳児脂漏性湿疹とは新生児から乳児期にかけて出る湿疹の総称で「こういう症状が乳児脂漏性湿疹」という定義はありません。

 

湿疹の原因がアトピーの場合もあるものの、全ての可能性がゼロではないうえに医者が診察しても原因が何なのか分からないことが多いため、新生児の湿疹=乳児脂漏性湿疹となっています。

 

生後3ヶ月を過ぎると、今度は皮脂の分泌が少なくなり肌が乾燥しやすくなります。

 

また気温が高い時期に背中や首にあせもができたり(ぶつぶつになるのが特徴)吐いてしまったミルクから雑菌が繁殖して肌荒れを悪化させることも珍しくありません。

 

肌荒れについては処置をしたら治るものもありますがかゆみや赤い湿疹が繰り返すようであればアトピーの可能性もあります。

 

アトピーになる原因についてはハウスダスト、ダニ、動物の毛など色々ありますが、症状は乳児脂漏性湿疹とほとんど見分けがつかないため、瞬時の判断が難しいのも赤ちゃんの肌荒れによける厄介な点と言えるでしょう。

みんなの肌潤糖が赤ちゃんにも使えるワケ

赤ちゃんの肌荒れは放っておくと生涯悩む肌トラブルになりかねないため、肌荒れを起こしたら早急に対応することが大切。

 

しかし原因が何なのかについてはお医者さんすら判別が難しいため、ピンポイントな対策ができないのが現状です。

 

さらに、赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートなため、スキンケア用品や対処の仕方を間違えると余計に悪化する可能性もあります。

 

赤ちゃんに使うスキンケア用品を選ぶには慎重になるのは当然。

 

そこでお勧めなのがみんなの肌潤糖です。

 

みんなの肌潤糖は、主原料がビート糖と呼ばれる砂糖を原料として使っており、この砂糖の浸透力を助けるためのオイルもすべて植物から取れる油のみを使用しています。

 

具体的にはココナツ油、ヘーゼルナッツ油、グレープフツール果皮油など。

 

さらに、防腐剤や着色料といった添加物は一切含まれていない、100%植物系の成分からできているのがみんなの肌潤糖なのです。

 

極端な言い方をすればみんなの肌潤糖は「砂糖」でできている・・・ということ、

 

赤ちゃんもそうですし、肌が弱い人がかぶれたりするのは、ほとんどが人工成分の原因です。

 

しかし、みんなの肌潤糖にはそうしたものが含まれていないため、肌が弱い赤ちゃんにも使うことができるのです。

 

みんなの肌潤糖の使い方

 

原料が植物系でできているみんなの肌潤糖は、赤ちゃんの沐浴にも使うことができます。

 

ただし、赤ちゃんに使う場合は大人が使うのと同じように使うのではなく、赤ちゃん用の使い方をしないと、赤ちゃんのデリケートな肌を痛めてしまうことになりますので、注意が必要です。

 

みんなの肌潤糖の使い方についてはこちらでも紹介していますが、赤ちゃんに使う場合はそれ以外にも注意点があります。

 

具体的には

 

 

  • あらかじめ赤ちゃんの肌を濡らしておくこと
  • 粒感がないペースト状にして使うこと
  • 湯冷めさせないようにすること
  • すすぎ過ぎないこと
  • 使用する量や使い方は絶対に守ること
  • 温かいお湯ですすぐのはいいが熱すぎるお湯ですすがないこと
  • 脂漏性湿疹の赤ちゃんには使わないこと

 

などなど。

 

大人が使うのであれば多少雑に扱っても問題ないのですが、赤ちゃんに使う時はきちんと手順に従って使わないと余計な肌トラブルを抱えるリスクがでてきてしまう恐れだってあります。

 

ですので、赤ちゃんに使う際にはこれでもか!というほど注意を払って使うようにしましょう。

 

特に

 

・粒感がないペースト状にして使うこと
・脂漏性湿疹の赤ちゃんには使わないこと

 

は必ず守るように。

 

みんなの肌潤糖は液体タイプではなく粉末タイプのスキンケア用品であり、お湯でペースト状にしてから使うものですが、テキトーな感じでつくると粉末の粒が溶け切らず、粒が残ってしまいます。

 

その状態で赤ちゃんに使うと肌を傷つけてしまい、そこからまた肌荒れをする危険性があるので、赤ちゃんに使う際は必ず粒感を完全になくしてから塗るようにしましょう。

 

また、医者から「脂漏性湿疹」と診断された場合、何が原因で脂漏性湿疹になったのかの原因がハッキリしていないケースが多いです。

 

そのため、みんなの肌潤糖を使ったらかえって悪化する可能性もゼロではありませんから、原因がはっきりするまで使用は控えるように。

 

みんなの肌潤糖を使う以外の肌荒れ予防対策

 

赤ちゃんの肌荒れや乾燥肌対策にもみんなの肌潤糖は効果的ですが、それ以外の方法と併せて行うとより早く肌トラブルか解消します。

 

まず、赤ちゃんを洗う時はゴシゴシ洗いではなく泡をたっぷり立てて包み込むように洗って上げると肌を傷つけることなく汚れだけを落とせます。

 

またシャワーは赤ちゃんの肌には刺激が強すぎるため、お湯を濡らしたガーゼなどで優しくふき取ってください。

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は治らない?

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎(乳児アトピー性皮膚炎)は皮膚の弱さが原因で起こるアトピーで、成長とともに肌が強くなれば自然となくなっていきます。だいたい2歳くらいになれば自然と治るので、発症したら医者に診てもらい、アトピーに効く薬(ステロイドなど)で対処すれば問題ありません。

 

また二次的なアトピー性皮膚炎の原因としてアレルギーが上がりますが、保湿をしっかりすることで予防が可能なので、お子さんがアトピーで悩まないためにも赤ちゃんのうちからみんなの肌潤糖を使って保湿をするのが良いと思います。

赤ちゃんでも大人でも使えるのがみんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖は、使い方さえ間違えなければ、赤ちゃんにも使うことができるスキンケア用品です。

 

赤ちゃんやまだ小さいお子さんに使う場合は、大人に比べて肌が弱いため、より慎重に使う必要がありますが、そこさえ注意すれば早めに肌トラブルを解消することができるので、お子さんのアトピーなどで悩んでいる親御さんにはお勧めです。

 

もちろん、大人が使っても効果が実感できます。

 

ただしこちらでも紹介しているような間違った使い方をするとかえって肌を悪化させる原因にもなりますし、赤ちゃんは特に肌が弱いので、使い方だけはしっかり確認するように。

 

使い方さえ間違えなければ肌トラブルに悩むことはおそらくないと思います。

 

口コミやレビューサイトでもみんなの肌潤糖は好評な意見が多いので、特徴や効果を理解して、あなたはお子さんが肌で悩んでいるのならぜひ使ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

>>みんなの肌潤糖