みんなの肌潤糖がアトピーに及ぼす効果

みんなの肌潤糖は、砂糖からできた保湿ケア化粧品として多くの人に愛用されています。

 

特にアトピーに悩んでいる人からの信頼は絶大で、みんなの肌潤糖を使ったことによって「アトピーが治った」なんて人も少なくありません。

 

ではなぜみんなの肌潤糖がアトピーに効果的なのでしょうか?

 

調べてみたらみんなの肌潤糖の成分によってもたらされる“ある効果”が、アトピー改善に大きく影響していることが分かりました。

 

アトピーで最も厄介なのは「なおりにくい」

アトピー(正確にはアトピー性皮膚炎)はアレルギーを起こしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が弱い(もしくは低下している)人が起こしやすい肌の炎症の総称です。

 

突然痒みが発生したり湿疹ができたりするのですが、問題なのはその頻度。

 

アトピーは一度症状が治まってもその後再発する可能性が高く、長い人だと6ヶ月以上続くこともあります。(その場合慢性的なアトピーと判断されます)

 

なぜアトピーは再発が多いのか?

 

1つは症状に問題があります。

 

そもそも炎症は肌から雑菌やウイルスの侵入を防ぐための免疫反応を指しているのですが、アトピーの場合はこの免疫反応が過剰になっており、本来働く必要がないものに対してまで反応するため、炎症が続いてしまうのです。

 

例えば

 

皮膚への直接的な刺激
化学薬品が肌に触れる(化粧品や衣類など)
汗や紫外線
ダニやカビやほこりの付着

 

など。

 

この中でも特に厄介なのが「皮膚への直接的な刺激」で、アトピーの症状の1つでもある“痒み”に耐え切れずついついかきむしってしまうと、そこからさらにアトピーが悪化して治りにくくなる・・・という負のスパイラルが起こります。

 

しかもアトピーになると皮膚のバリア機能が低下しているため、普段の肌への刺激がより大きなダメージとなるため、アトピーのさらなる悪化につながります。

 

つまり、アトピーを早く治したいのであればまずは“痒み”を抑える必要があります。

 

みんなの肌潤糖がアトピーの改善に大きく貢献しているのも“痒み”が抑えられるからと言えるでしょう。

みんなの肌潤糖がもたらす効果

アトピーになると

 

かゆくなる→かきむしってしまう→皮膚を傷つける→アトピー悪化→かゆくなる・・・

 

の連鎖が発生しやすくなります。

 

アトピーが再発しやすいのも、上記のようなサイクルが発生しやすいからであり、これを断ち切るのは

 

“痒くてもかかない!”

 

という対策が最も重要になってきます。

 

とはいっても、人によって我慢できる度合いは違う上に、常にかゆい状態が続くとついつい肌をかいてしまいますよね?

 

そこでみんなの肌潤糖の出番です。

 

みんなの肌潤糖は『ピート糖』と呼ばれる砂糖を主原料としたスキンケア用品です。

 

砂糖はアメリカの化粧品会社で長年研究されていくくらい美容効果が高く

 

肌の上で溶けやすい
刺激が少ない
肌に潤いを与える

 

などの特徴を持っています。

 

特に「刺激が少ない」のはアトピー持ちの人が使うスキンケア用品においてとても大きなポイントで、みんなの肌潤糖を使っても痒みをしっかり抑えられるでしょう。

 

加えて、肌に潤いを与えられますから自然と痒みもひいていきますし、肌組織の再生能力向上のはたらきもあるため、炎症の抑制にもつながります。

 

口コミなどでもアトピー改善の声を挙げている人も何人かいました。

 

1か月半ほど前に突然アトピーになってしまい、とにかく顔がかゆくてかゆくてかきむしってしまい、そのあとはひりひりすごく痛くて散々でした。病院で処方されたローションを塗ってもしみて本当に痛くて、何を使ってもダメで、ネットで調べてこちらの評判が良かったので注文しました。初めは使い方がめんどくさいような、こんなので効くのかなと半信半疑でしたが、使ってすぐにかゆみが治まりました!あれだけかゆかったのにとびっくりしましたが、添加物などもなく、お砂糖の少しざらざらした刺激もかゆい肌には心地よく、洗い流した後の肌がびっくりするほどになめらかです。思わずしばらく触ってしまうほどでした。

 

アトピーがだいぶ良くなってきた今でも、使わないとやはりかゆみが出てしまうことと、かゆみ止めの薬を飲むと副作用で眠気が本当にひどくてなるべく薬は飲みたくないので、やっぱりこちらに頼ってしまいます。

 

みんなの肌潤糖を使ってもアトピーが治らない人もいる?

 

口コミを見る限り、おお旨好評価が多かった印象はあるものの、中には

 

「アトピーが改善されない」
「かゆみが収まらない」
「かえって肌が赤くなった」

 

などといった低評価な声もしばしば見かけました。

 

人によってみんなの肌潤糖に含まれている成分が合わなかったりした可能性もありますが、個人的な考えとしては「使い方が間違っているのでは?」と思いました。

 

みんなの肌潤糖は商品が粉末状になっており、自身でペースト状にしてから使わないといけないため、他のスキンケア用品に比べても使い勝手が良いものではありません。

 

そのため、説明書などをきちんと読まなかったり間違った使い方をするとかえってアトピーを悪化させるリスクも少なからずあると思います。

 

逆に言えば、使い方さえ間違えなければアトピーに悩む多くの人が効果を実感できると思いますので、使い方だけは間違えないようにしましょう。(みんなの肌潤糖野使い方はこちら

 

みんなの肌潤糖が及ぼすアトピー以外の効果

ここまでお話ししてきたように、みんなの肌潤糖はアトピー改善に大いに役立つスキンケア用品の1つだと思います。

 

しかし、実はアトピー以外の肌の悩みにもみんなの肌潤糖は効果を発揮してくれます。

 

特に

 

・角栓
・ほうれい線

 

の2つはみんなの肌潤糖を使ったことによって改善されたという声が挙がっています。

 

みんなの肌潤糖が角栓に効果的な理由

 

みんなの肌潤糖 アトピー

角栓とは、顔の毛穴に詰まった皮脂や角質のことでニキビの原因とも言われています。

 

とはいえ、角栓は毛穴を外部の細菌から守ってくれる働きがあるため、全てを取り除いてしまうのはよくありませんが、毛穴全体を塞いでしまうほど増えるのもまた問題です。

 

こうした“増えすぎた角栓”を取り除いてくれるのがみんなの肌潤糖なのです。

 

みんなの肌潤糖は、ガサガサ肌やゴワゴワ肌に潤いを与えるだけでなく、特有の浸透力によって肌の毛穴を引き締めてくれる効果もあります。

 

そのため、汚れて溜まりすぎていた角栓を綺麗にしてくれるたね、ニキビ予防にもなるのです。

 

ただし、1回使っただけですぐに効果が実感できるほどの即効性はありませんので、あくまでも「ニキビを作らないための予防策」として使い続けることが大切。

 

特にニキビができやすい人にはみんなの肌潤糖とみんなの肌潤糖クリアとの違いでも紹介しているみんなの肌潤糖クリアがお勧めです。

 

みんなの肌潤糖がほうれい線に効果的な理由

 

みんなの肌潤糖 アトピー

ほうれい線とは、笑った時にくっきりできるしわのことで、特に女性はこのほうれい線を気にさせている人も多いことでしょう。

 

そもそもほうれい線ができてしまう理由の1つに“肌年齢の老化”があり、昔に比べて肌に潤いがなくなったため、笑った時にしわがくっきりついてしまうのです。

 

つまり肌に潤いが戻り、肌年齢が若返ればほうれい線はできにくくなるわけで、それを可能にしているのがみんなの肌潤糖です。

 

みんなの肌潤糖は肌に潤いを与え、肌が乾燥状態になるのを防ぐための保湿ケア化粧品です。

 

そのため、肌が乾燥したことによって起こるほうれい線も、肌が潤うことで解消させるため、ほうれい線を気にしている人にもおすすめなのです。

 

もちろん乾燥肌に悩んでいる人も効果的ですので、もしこうした肌の悩みを抱えていらっしゃるのであれば、一度検討されてみてはいかがでしょう。

結論:肌に関するトラブルならだいたい解決できる!

かなり極論になりますが、大小問わず肌に関する悩みがあるのなら、みんなの肌潤糖を使うことによってそれらを解消することができます。

 

アトピーや乾燥肌はもちろん、角栓やほうれい線などの改善にも効果を実感している人がいるので、いくつか複数の肌トラブルに悩んでいるのなら、まずみんなの肌潤糖を使ってみると一気に解消するかもしれません。

 

ただし、使い方やその人の肌質などによって多少効果の実感に時間がかかったりする場合もありますので、その辺はあらかじめ理解しておくといいでしょう。

 

残念ながらみんなの肌潤糖は「なんでもきれいにしてくれる魔法の薬」ではありませんからね。

 

口コミや特徴をしっかり理解し、そのうえで正しい使い方をすれば、きっと肌トラブル解消に役立つと思いますので、興味がありましたら一度使ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

>>みんなの肌潤糖