みんなの肌潤糖で肌が悪化するワケ

みんなの肌潤糖は、砂糖を主原料としたスキンケア用品で、これまで多くの人が使用し、肌のトラブルを解消してきた実績があります。

 

実際に口コミを見ても

 

「アトピーが治りました!」
「肌が乾燥しにくくなりました!」

 

などといった声がたくさん見られました。

 

しかし、口コミにある声すべてが喜びの声というわけではありません。

 

反対に肌が悪化した・・・なんて声も見かけますが、果たしてその原因はなんでしょうか?

 

色々調べてみましたが、実は意外な原因によって肌を悪化させてしまったと考えられます。

「みんなの肌潤糖で悪化した」という口コミ

みんなの肌潤糖はスキンケア用品ですから、使えば肌にとって良い効果を及ぼすはず・・・が、実際には肌が悪化してしまった人も少なくありません。

 

実際に口コミサイトである@コスメでは、次のような口コミがありました。

 

アトピーに良いと謳われているのに、かき壊した肌には使えないという矛盾。。頑張って丁寧に時間をかけて使って見ましたが、あまり効果が感じられませんでした。定期購入したので残念です。調子が良い時に朝の洗顔に使って見ました。しっとり感は嬉しいですが、コスパもそこまで良くないのであまり満足できませんでした。また顎の下のあたりのゆすぎが十分でなかったのか、ニキビができてしまいました。

 

思春期からずっと続く肌トラブルに悩まされていますこの肌トラブルが少しでも良くなるなら…と、口コミもよかったので、すがる思いで試してみました。結果は×。しっとりする感じはありましたが、わたしには合わないようです。フェイスラインに痛いニキビが沢山発生してしまいました。肌が強い人には良いかもしれません。

 

引用:@COSME

 

 

上記で紹介した口コミ以外にも

 

「肌が赤くなった」
「アトピーがひどくなった」
「かゆみがひどくなった」

 

などといった肌が悪化した症状を訴えている人もいました。

 

もちろん「肌が悪化した」という口コミ以上に

 

「肌がきれいになった」
「アトピーが治った」
「乾燥肌が改善された」

 

という声もありますので、みんなの肌潤糖が肌に悪いスキンケア用品というわけではないですが、色々な原因が起こると上記のように肌が悪化する可能性が秘めていることを理解してもらえればと思います。

 

みんなの肌潤糖を使って肌が悪化する原因とは?

残念ながら100人使って100人が効果を実感できるスキンケア用品はありません。

 

当然みんなの肌潤糖にも同じことができます。

 

ではみんなの肌潤糖を使って肌が悪化する原因は何なのか?

 

理由は人によっていろいろあると思いますが、大きく分けると

 

肌が合わない
使い方が間違っている

 

のどちらかだと思います。

 

みんなの肌潤糖が合わないと悪化する

 

肌というのは人によって強い・弱いがありますし、免疫の度合いも異なります。

 

そのため、みんなの肌潤糖に含まれている成分が肌に付着すると、肌が悪化する人も少なからずいるでしょう。

 

例えば精油アレルギーの人は、みんなの肌潤糖に含まれている植物性由来の油の影響で肌が悪化する可能性が考えられます。

 

肌トラブルと言っても原因や症状は色々ありますし、それらによってみんなの肌潤糖の効果を実感できなかったり余計に悪化することもあります。

 

特に通院している人は、お医者さんから処方されている薬との相性もありますので、使う前にお医者さんに相談してからどうするかを決めたほうがいいでしょう。

 

みんなの肌潤糖が肌に合うか不安な人へ

 

みんなの肌潤糖には、通常購入以外にも1袋当たりの価格がお得な定期コースがありますが、定期コースで申し込んだ場合、一定期間解約ができない条件があります。(詳しくはこちら

 

そのため、肌に合うかどうかを検証したいのであれば、少量で販売されている「お試し版」があるので、まずはそちらを買って肌に合うかどうかを試してみるといいでしょう。

 

また、定期コースで購入した場合でも全額返金保証があります。

 

自分の肌に自信がない人(特に他のスキンケア用品を使って肌が悪化した経験がある人)はお試し版を使ったり返金保証の詳細をあらかじめチェックしておくと安心かもしれませんね。

 

使い方が間違っている

 

みんなの肌潤糖を使って肌が悪化するもう1つの原因は「使い方が間違っている」です。

 

みんなの肌潤糖の間違った使い方〜絶対にやったらダメ!〜でも紹介していますが、間違った使い方としてよくあるのが

 

・肌を濡らさずにみんなの肌潤糖をつける
・強くこする
・しつこく洗い過ぎる

 

の3つです。

 

特に「強くこする」は意外と勘違いしている人が多いみたいでやりがちですが、強くこすればこするほど肌を傷つけてしまうので逆効果です。

 

また、使う頻度や1回当たりの使う量をケチっても効果は実感できませんし、かえって肌に悪影響を及ぼしかねないので

 

みんなの肌潤糖を毎日使う
適切な量をしっかり測って使う

 

などの基本的な部分にも気を配りながら使うといいでしょう。

 

正しく使わなければみんなの肌潤糖の効果も正しく検証できませんし、せっかくお金を出して買った以上正しく使わないともったいないです。

 

みんなの肌潤糖の正しい使い方についてはこちらで紹介しています。

 

みんなの肌潤糖でニキビができる原因とは?

 

みんなの肌潤糖を使ったらニキビができた…という声もありますが、この原因はすすぎのし忘れではないでしょうか。

 

これはみんなの肌潤糖に限った話ではないのですが、洗顔などをする際にきちんとすすぎきらないと、洗浄剤の残りが毛穴に詰まり、それが原因でニキビができることがあります。

 

普段から気になる部分は集中的に洗うものの、すすぎとなると「とりあえず洗い流せばいいかな?」くらいにしか考えていない人もいるかもしれませんが、結構すすぎは大切です。

 

せっかく肌をよくするためにみんなの肌潤糖を使っているのに、すすぎを怠ったせいで肌の悩みが1つ増えた・・・なんて本末転倒ですからね。

 

もしみんなの肌潤糖を使ってニキビができたのであれば、もしかするとすすぎが上手にできなかったのが原因かもしれません。

 

そうならないように、みんなの肌潤糖を使う際には入念にすすぎをすることをお勧めします。

使い方さえ問題なければ悪化する可能性は低い

みんなの肌潤糖は植物由来のスキンケア用品のため、よほどひどい肌トラブルを抱えている人以外は使うことで大なり小なり効果を実感することができると思います。

 

アトピーや乾燥肌でもよほど深刻な症状で医者に通院しているほどでなければ、おそらくみんなの肌潤糖を使うことで改善の兆しが見えてくるでしょう。

 

にもかかわらず、効果が実感できなかったり悪化する原因のほとんどは「使い方」が良くないことではないでしょうか?

 

もちろん肌に合わない場合も考えられますが、みんなの肌潤糖は主原料である砂糖を含めて植物由来の成分でできています。

 

つまり「肌に合わない」人というのは相対的に少ないのではないか・・・と。

 

そう考えると、肌が悪化した人の原因の多くは「使い方」ではないでしょうか。

 

みんなの肌潤糖は、他のスキンケア用品と違って使い方が少し複雑というデメリットがあります。

 

そのため、あらかじめ説明書などで使い方をちゃんと読んでから使うようにしましょう。

 

そうすれば、みんなの肌潤糖を使っても肌が悪化する可能性は限りなく抑えられるはずですから。

 

 

 

 

>>みんなの肌潤糖